離婚した友人から壮絶な離婚理由を無理やり聞き出したマジキチA子が「幸せな話より不幸話の方が面白いね♪」胸糞過ぎる

1436089148821

引用元: 友達をやめる時 inOpen 2

588: 1/3 2015/09/26(土)00:54:17 ID:4Lf
長くなってしまったので3回にわける。 高校からの友人グループで 一人やっかいなのが出てきたので密かにFO中。 その友人(A子)は言ってしまえば「ひょうきんもの」(死語?)で、 当時のクラスのムードメーカーかつ中心人物、 学年が違う子からも先生陣からも人気があった。 芸能人で言えば久本雅美みたいな感じ。 変わり者でガサツだったり、少し空気が読めない言動もあったけど、 特殊な専門のコースだったので、当時はそういう面も魅力になっていた。 なので何かあっても 「A子は変わってるからなぁ」で笑って許されるキャラだった。
それが40近くになってもそのキャラのまんま、 というか斜め上に強烈になってしまった。 A子も含む、当時から仲の良かった部活のメンバーで 年に1度ほど集まって食事をするのだけど まず、とにかく全ての会話において 「A子自身の話」を無理やりねじ込んでくるようになってきた。 しかも何かと自分age、他人sageな感じで。 ・それぞれが近況報告をしていると、 「私はもっと◯◯で~!」(その時の話題と◯◯はあまり関係がない) ・誰かが旅行に行ったと言い出せば 「私は出張で◯◯と◯◯に行った!遊びじゃないからホント大変!」 ・誰かが人気の家電を買ったと言えば 「あ~それは◯◯がダメなのに! 色々調べたけど私には必要ないと判断した!」 ・誰かが「読書が趣味だったけど子どもができると難しい」と言えば 「私なんて仕事の本が山ほど必要で、収納しきれない!」 ・誰かが「親の介護が始まって大変」と言い出せば 「私だってスキルアップの為の習い事で時間が全然ない!」 ・誰かが「◯◯県に知り合いがいてね」と話し出せば 「私も◯◯県に行ったことある!」
589: 2/3 2015/09/26(土)00:55:05 ID:4Lf
もう万事がこれ。 たまに「今は◯美の話を聞いてるんだから、A子は口を挟まない!」や 「一々否定することないでしょ」などとツッコミを入れると えへへ、ゴメンゴメン、となるけれど、しばらくすると元に戻る。 元々、自己顕示欲が強くて、 他人の日常には興味がないタイプだとわかっているので ある時期までは「A子は相変わらずだなぁ」で流せたけれど、 年齢を重ねた今では皆、それなりにそれぞれの生活の重みや 苦労を背負っているのに それらを軽々しく否定されるのはキツい。 というか、A子の言動はそもそも度が過ぎてきている。 そして自分のこと以外には基本的に興味がないはずなのに、 他人の不幸話、下世話な話に限っては異様に食いついてくる。 彼氏ができたり結婚が決まったという人がいれば、 シモネタ関係の質問をしつこくする。 そういうのをあまり話したがらない友人にも 「私ってほら、こういうタイプだから、どんどん聞いちゃうよ!」 と攻めこんでいく。 ある時、少し前に離婚をしたB子が久々に参加することになった。 当人が皆の前で話した離婚理由は「まぁ色々合わなくてねー」くらいで、 すぐに別の話に振ったので これは聞いてくれるなということだなと周りも気づき少々の労いの後、 そこには触れないようにしていた。 (その日はあまり親しくない後輩もいたし余計に) けれどA子は事あるごとに「で、なんで離婚したの?」 「色々って何?」とwktk顔で蒸し返す。 誰かが止めても「でも、そこが聞きたいポイントでしょ?言っちゃいなよ~」 と再攻撃を何度もかます。 結局B子が、いつかは話すことだろうからと語った内容は 不幸な事故が絡むような壮絶かつかなり重いもので 気軽に聞いていい内容じゃない、と感じるものだった。 さすがにA子も神妙な口調で「なぜそんなことに…」と言ったので、 無理やり聞いて悪かったと感じているのかと思っていると 「やっぱり、誰かが付き合い始めた話より、別れた話の方が面白いな!」 と言い放ち、 「私だってさ~」と自分の彼氏との取るに足りない話を語り始めた。 この展開には色々な感情を通り越してゾッとした。

コメント

アクセスランキング