膿家の嫁にする為に女児を持った家庭に凸してくるオッサン。餌食となった同僚が子供を抱えて逃亡すると「跡取りを返せ!」

農家

引用元: その神経が分からん!その10

32: 名無しさん@おーぷん 2015/07/21(火)17:35:14 ID:Bcu
私が小学校まで過ごした村には、 膿家と言って差し支えないレベルの家がごろごろあった。 私がハイハイしていた頃から「うちへ嫁に」と 40過ぎのおっさんが母親ひきつれて凸してきたことが何度もあったそうだ。
恐ろしいことにそんなおっさんは1人では済まず、 小学校中学年ともなればひっきりなしに「縁談」が舞い込み、 通学中に声をかけられること数知れず、 無理やり物陰へ引きずり込まれそうになったこともある。 母は自分自身と私を守るために夜逃げ同然で村を出て離婚した。 私が就職して数年たった頃、その村で、 村おこしと銘打って嫁募集キャンペーンをやったことがある。 それがローカル番組で特集されて、会社内でも話題になった。 同僚(バツイチ子あり30代半ば)が興味を持って、 「農家のお嫁さんになってくれる女性は少ないから、 お嫁さんはとっても大事にされるんだって」 「子供のためにも、自然豊かなところで育児したい」と言い出し、 「私、ここにお嫁に行こうかな」と本気で申し込みしようとした。 それで、私が小さい頃にあった恐ろしい体験を話して、 その村だけはやめておけと説得したのだが、 「村を追い出されたのが悔しいの?」 「自分が大事にされなかったからって、私が幸せになるのがむかつくの?」 と斜め上の解釈をされて、あくまで私が嫉妬心から邪魔をしていることになってしまった。 まあ確かに平成の日本で起こったことなんだよと言われても、 突飛すぎて信憑性薄いかもしれない。 なので、意固地になってとめる義理もないだろうと、それ以上は引き止めなかった。 彼女は実際にキャンペーンに申し込み、お見合いをして結婚した。 入籍前に 「農作業は一切手伝わせない」「子供と養子縁組する」 などいくつかの条件を出して、 相手に全部飲ませたと自慢げに語っていた。 結婚と同時に彼女は退職したが、 SNSにはまあまあ楽しそうな近況を書き込んでいた(共通の友人談)
33: 名無しさん@おーぷん 2015/07/21(火)17:35:25 ID:Bcu
時代とともにあんな犯罪まがいの連中は駆逐されたのかと思っていたけど、 やっぱり子供がターゲットになったらしい。 この辺は彼女と仲良しの同僚が「彼女から聞いた」と話しているのを耳にしただけなので 細かいところは不明だけど、 ざっと聞く限りでは私と同じかそれ以上にひどい目に遭った様子。 それで結婚から半年もたたずに、彼女は子供を連れて戻ってきた。 上記の彼女と仲良しの同僚からそのことを聞いたのだけど、 その同僚に「あんたがもっとちゃんと止めてたら」とすごく責められた。 「え?私が悪いの?」と他の同僚たちに聞いたら、困ったような顔をしてたけど、 味方をしてくれたのはたった1人だけ。 その後も同僚からの非難が止まずに仕事もやりづらくなったので、 思い切ってその会社を辞めた。 転職先で恋人ができて結婚することになったので、 以前の会社で唯一かばってくれた人を結婚式に呼ぼうと 久しぶりに電話したら盛り上がって、例の彼女の話も出た。 どうも数年たった今もまだ離婚できずに揉めているらしい。 私は知らなかったけど、逃げてきたときにお腹に子供がいて、 その後出産してみたら男の子だったそうだ。 それで「跡取りを返せ!」とか「買ってやった○○の費用を返せ!」とか、 すごく攻撃されているらしい。 さっさと弁護士挟んで離婚すればいいのにと思ったが、何か事情があるのかもね。

コメント

  1. 名無しさん 2015/07/21(火) 19:41:11

    一人を除いて周りの同僚も頭おかしい

  2. 名無しさん 2015/07/21(火) 19:53:08

    どうしてこう言う人って、ちゃんと止めた人に逆恨みするんだろ。
    前にも結婚式サプライズ必死に止めたのに、ひどい結果になったからって、
    きちんと止めきれなかったいつが悪い。みたいになった話読んだし。

  3. 名無しさん 2015/07/21(火) 20:00:04

    うちの農家のじっちゃんそんなんじゃないけどな。
    親父も都会に出て好きにやってるしたまに実家に帰れば米とか野菜いっぱいくれるわ。

  4. 名無しさん 2015/07/21(火) 21:08:39

    おっとい嫁じょとかあったような地域なのかな

  5. 名無しさん 2015/07/21(火) 21:22:37

    田舎がどうとか関係なく登場人物のほとんどが基地外な件

  6. 名無しさん 2015/07/21(火) 23:06:31

    ※2
    あったねー
    あれは、初めて読んだときにはもう、頭がチカチカするくらいの怒りに震えたわ

アクセスランキング