癌告知されなかった母が病院から脱走しジサツ未遂、意識のない母を連れ去ろうと先輩が押しかけてきた

がん
今までにあった修羅場を語れ 23話目
527: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:25:56.02 ID:fg7PcoXB.net
平成の大合併前、うちは母子家庭で俺が大学生になった頃の話。 母は公務員だった。その自治体の女性の中ではかなり上位だったようで、 合併前の交付金で出来るという図書館の副館長になるんじゃないかと言われており、 男性公務員からはそれなりに反感も買っていたようだ。
         
そんな折、母は健康診断に引っかかって検査入院することになったんだが、 先述の図書館立ち上げに追われだいぶ検査入院を先延ばしにしていた。 そして入院したその日、ご家族の方と医師に呼ばれ ガンが相当進行しており手が施せない状態だと告知されたのが一つ目の修羅場。 非情だが本人に告知すべきだった筈なんだが、 親族や周囲の人間の「かわいそう」を真に受け伝えられなかった。 検査も治療も行われないまま病室に閉じ込められた母を 休学して病院に詰めていたんだが 当然日に日に弱っていくのを見ているしか出来ない状態。 ある意味親子で病院に閉じ込められてる感じだった。 さすがにおかしいと気がつく母、病院からの逃走やらジサツ未遂やらを起こし 薬で沈静化させる事態に。 そんな中押しかけてくる大学の先輩。 「遅くなってすまなかった。 さぁお母さんをお寺に連れて行こう。信心があれば病気も良くなる」 と意識の無い母を連れ出そうとしてくれたのが第二の修羅場。 そんな状態では長く保つわけもなく入院から3ヶ月目で母死亡。 ちょうど新図書館オープンの数日前だった。 そんなわけで 「生意気にも図書館オープンの日程に葬式をぶつけやがって最後まで生意気な。 葬式を一週間ずらせ」 というお言葉を頂いたのが第三の修羅場。
        
528: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:33:22.74 ID:d648UkZq.net
その頃だと、本人に告知はあたりまえになってたんじゃないかなあ? おかしいと思う→逃走やジサツ未遂、は飛躍しすぎ。 いきなり出てきた先輩が宗教でどうこうは、「ここまでが前提」に書いておけよw で、その「お言葉」って誰から?
          
530: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 06:46:09.60 ID:yh2UFsRA.net
>>528 治療の方法がないほどガンが進んでいたら、今でも告知しないことが多い。
          
529: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:41:48.51 ID:fg7PcoXB.net
反応もらえるとは思わなかった。 かき逃げするつもりだったので端折りすぎて飛躍してるよう見えるところは勘弁してくれ。 >>528 本人告知は都市部では流行ってた頃だと思う。 お言葉は複数のお役所の方から言われたよ。中堅どころの人たちだったね。 さすがに上の方の人からは言われなかった。

コメント

  1. 名無しさん 2015/06/27(土) 10:42:15

    その自治体関係の公開板に言われた事投稿してやれば?

  2. 名無しさん 2015/06/27(土) 13:33:36

    修羅場って、書き逃げする事じゃないよなあ、、、

アクセスランキング