入水ジサツをする為に川へ行ったら同じくジサツしようとしている女を発見、意気投合した俺達は各々の家庭から逃げる為に二人で逃亡する事に

入水
【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その14
340: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/03(水) 22:50:17.72 .net
もうずっと昔の話だけど 高校生の時ジサツしようと近所の大きい川に行ったら、 同じように入水ジサツしようとしてた女の子がいた 何故かその子を川から引っ張り上げて、そのまま一緒に逃亡 今は幸せです
     
341: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/03(水) 23:08:33.56 .net
>>340 土左衛門からヒッピー生活~結婚までの流れをもっとkwsk
          
342: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/04(木) 00:40:49.19 .net
>>340です すごく長いし、暗い話です。ごめんなさい 暇なので書かせてください 私は父子家庭、彼女は母子家庭でした。 父はアルコール中毒で仕事を辞め、なけなしの貯金を崩して生活してた。 私のアルバイト代も殆ど酒に消えて、飯もまともに食べれなかった。 暴言暴力も当たり前で、本当に辛かった。 父の酒を買いに行く途中「もう死んでしまおう」と思って近くの川に向かった。 すると、制服のまま深い川にジャブジャブと入っていく女の子がいた。 自分もそのつもりでここに来たのに、何故か助けなきゃと思って 慌てて川に入って揉み合いになりながらも無理矢理引っ張り上げた。 彼女は「何してくれてんだ」とびーびー泣きながら私をひっぱたいたりした。 慰めることも叱ることもできずに、泣きわめく彼女を黙って見てるしかなかった。 落ち着いたのか、もう大人しくなった彼女に 「もう暗いから家帰りなよ」と言うと 「死にたい理由が家にあるんだ!帰るわけないだろ!」とまた怒鳴られた。 「僕と逃げよう。どこか遠くに逃げよう」とクサイ台詞を吐いて手を引いて駅に向かった。 二人とも全身ずぶ濡れのままで電車に乗って、 最寄りから少し離れた駅で下車して服を買って銭湯に入った。 その日の終電まで出来るだけ遠くに行って公園で野宿をすることにした。 この時お互いのジサツの理由を話した。初めて自己紹介もした。 それまでの数時間は名前もしらなかった。 彼女の母は自宅で売春行為をしていて自分も客に也られることがあったそう。 その日もそういうことがあって川に入ったそうだ。 それから数日、一日中電車に乗っては野宿を繰り返してうんと遠くに来た。 ある日、巡回中の警察に見つかって保護された。 所持品から氏名、住所などがバレ、家に返されることになった。

コメント

  1. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 07:16:03

    戸籍とか生活するにあたっての諸々の役所手続きがどうなったのか気になるわ。

  2. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 07:35:13

    同じ川で同じ日でも上流か下流で場所が違ったり少し時間が違っていた
    出会うこともなくて二人共ドザエモンになっていたのに
    おじさんおばさんになれてよかったね。
    このまま爺さん婆さんまで逃げ切ったらまた報告してね

  3. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 07:42:35

    ほんと、戸籍とかどーしたんだろう。

  4. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 07:56:17

    感動した!
    ちょっと自○してくる!

  5. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 08:02:33

    ※4
    待ってろ、俺が褌姿で駆け付けるから!

  6. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 08:04:12

    昭和だ

  7. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 08:34:42

    うまくいった白夜行みたいな。

  8. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 08:41:54

    昭和チックなロマンスやのお

  9. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 08:52:23

    こういう幸せの形もあるんだなあ
    このまま幸せにな

    ※5
    ロマンスじゃなくて寒中水泳が始まりそうだな…

  10. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 09:25:28

    ※4※5 おまえら好き

  11. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 09:34:07

    住所は動かさずに就職したんだろう
    結婚は……籍入れてないか、裁判でも起こしたか、単純に安定してから親を突っぱねたか
    昭和だから今とは大分状況が違うだろうね
    曖昧さがまだ残る時代だったな

  12. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 09:38:52

    なんと奇遇な!(画像略)

  13. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 10:57:48

    逃げ切れて良かったなぁ
    いつまでも幸せにな

  14. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 11:25:41

    そもそも、遠くまで逃げれる電車賃はどこから工面したの?

  15. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:01:27

    作家じゃないから屎すぎる!

  16. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:24:58

    てか昔から不思議なんだけど、ザブザブ入っていくタイプの入水ジサツってどうやるんだろう?
    手段としては道具も金もいらないから手軽だけど、助かれちゃいそうで確実性には乏しくない?

  17. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:48:11

    ※14
    アルバイトしてたって書いてある
    酒買わなけりゃ金はあったんだろ
    字読めないやつ多すぎ

  18. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:48:56

    ※16
    流れ早くて深い川なんていくらでもあるわ

  19. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:59:13

    ※16
    死ぬ覚悟がないんだよ。誰かに発見されて止めて貰えるんじゃないかって期待してる
    本気で死にたいなら首吊りとか飛び降りとか確実性のあるもの選ぶしね

  20. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 12:59:17

    ※1
    住む所さえ決まってしまえばなんとでもなる。
    たとえば1人暮らしをする学生は住所や書類も何もかも元のままで
    現住所だけ変えれば生活できる。

  21. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 13:20:10

    警察にもやもや
    そんなところまで遠くに家出した理由を聞いて保護しろよ
    ・・ってこれかなり昔の話か
    当時の警察なんて面倒事はぽいっだろうなあ

  22. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 14:38:05

    ※16
    着衣水泳ってやったことない?
    膝下丈のスカートとかやばいくらい泳げないと思うよ

  23. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 14:50:57

    ※16、※17の主張
    「自*するからには確実な方法でやってください、ちゃっかり生き残ってる事にモヤモヤします。」

  24. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 14:52:54

    ※23

    >17
    訂正:17→19

  25. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 18:42:11

    *16
    結構あっさり溺れるもんだよ。
    呼吸を吸うタイミングで深みに足突っ込んでザブンとなっちゃうと
    一気に肺に水入って大概そのまま。肺は自力で排水できんからね。
    ちなみに、淡水よりも海水の方が苦しくないらしい。
    助かった人の記憶によると、真水は「とにかく苦しい」で、
    海水は「眠るような感覚」なんだってさ。

  26. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 19:14:40

    昭和だったらずさんな時代だったから 中卒なら戸籍とか提出しなくてもなんとか
    なったはず
    私が高校生の頃なんか同級生が普通に飲み屋で働いてた
    今と違う 今思えばなんちゅう時代だったんだって思うけど…

    今が幸せならなにより もし私と同級くらいならそろそろ親がよぼついてる
    もしかして役所から探されて連絡きても逃げ切ったらいいと思う
    クズはそのまま年取ってもクズだから ムシムシ

  27. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 20:29:05

    なんかすごく邦画っぽい!

  28. 名無しの墓場 2015/06/04(木) 22:25:23

    海水って淡水より人間の体液に近いからそんな感じなんかな

    ※見てたら中身よりそっちが気になった

  29. 名無しの墓場 2015/06/05(金) 00:26:37

    昔は、小さい工場とかだと身元を確かめずに雇うこともあった
    通帳も身分証明書なしに作れた

    今なら児相や警察が出てきて安全と生活は保証されるだろう
    でもたぶん、人生を勝ち取ることは難しいように思う

  30. ねとうよ 2015/06/27(土) 03:12:40

    貧困が溢れてたのも昭和のせいだけど、中卒で働き生きて行けたのも昭和だからだよね。今のようにガチガチな制度に縛られてない時代

アクセスランキング