妊婦の私が1人で寝てたら外で『ドーンバキバキッ』と音がした。音が気になりカーテンを開けて見たら、外は火の海と化していた


今までにあった修羅場を語れ【その9】


374: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)00:50:10 ID:XaW

携帯もない頃の昔話を。

その日は旦那が夜勤なので2階で一人布団に入った。



      





朝から降っていた雨がやみ星空になった寒い冬の日は
めずらしく北風が吹いてなかった。
11時半か12時頃だったかな、ドーンドーンとかバキバキ
とかの音でだんだん目が覚めていった。
何の音だろうとカーテンを見るとやけに明るい。
ヤンキーの集会でもやっているのかと思いながら
恐る恐るカーテンを開けるとまさに火の海。
私道をはさんで建っていたどこかの会社が持っている倉庫が燃えていた。

硬直したまま数秒。そうだ電話しないと、110番119番117番どれだっけ?
上着をひっかけて階段を降りたところで近所の人が駆けつけてくれた。
ほっとしたのもつかの間、倉庫の反対隣にある小さい工場に
危険物がたくさんあるので爆発したら大惨事、
そっちを手伝わないといけない他の人もみんな工場の方に行ってる、
ひとりで心細いだろうけどがんばってね。
あと、家と倉庫の間にある車は移動しておいてね、
そう言い残して近所のおじさんは去っていった。
この時点でサイレンは鳴っていたが消防車はまだ来ていなかった。

こういうときこそ平常心にならなければ、そうだ水、風呂おけの水を
抜いてしまったけど水をためようと蛇口をひねってから外に出た。
外に出ると火の粉が降っていた。車から倉庫まで10Mもない。
火の粉で自分が燃えるのを防ぐために
外の水道で頭から肩まで水をかけてから車を移動した。
よし、家が燃えないように水をかけよう!
ホースで水をかけ始めると近所に住む兄嫁がかけつけてくれた。
様子を見に来たけど炊き出しをしないといけないから行くね、
他の人は工場の方を手伝っているから来られないと思う
心細いだろうけどがんばって。
兄嫁もすぐ去っていった。

このあたりで消防車による放水は始まっていたと思う。
消防車も野次馬も倉庫の前にある空き地に集まり、
すごい人だかりだったが我が家は私一人だった。
そうだ風呂の水出しっぱなしじゃないか、水を止めに行くとお湯が出てたorz



      






375: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)00:50:39 ID:XaW

それから火の粉が治まるまでずーーーーーっと一人で水をかけてた。
火事が落ち着いた頃義親がおにぎりもって来てくれた。
延焼しなくてよかった怪我もなくてよかったとねぎらいの言葉をかけてくれ、
老体に徹夜は堪えるとすぐに去っていった。
結局日が昇って親戚の人が来るまでほぼ一人だった。

倉庫は全焼で鎮火したのは明け方、お昼ごろまでくすぶっていた。
当時私は妊娠6.7ヶ月、安定期とは言え徹夜は良くないに決まってる。
旦那に連絡して会社に休みの連絡をしてから寝ようとしたけど、
消防署の人が来たり親戚が来たり電話がじゃんじゃん来て
夕方まで一睡もできなかった。

後から聞いた話によると放火だったらしい、
灯油だかガソリンだかまいたので数分で火柱があがるほどの
勢いになったのだと。
後から家の点検したらカーポートには穴が開いて、
ベランダは黒く焦げていた。
でも家が燃えなくてよかったよ、周りに燃えるような物がなかったのと、
雨が降って湿っていたのがよかったのだと思う。



          
378: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)06:29:32 ID:Foc

火事で炊き出しとか良く分からない



          
376: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)03:09:28 ID:PUh


死ななくて良かったですね!



          


http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427080256/


関連記事



俺は子供の名前は読めればDQNじゃなくて、どこかにオリジナリティー欲しいと思ってる。けど嫁は見慣れない名前はDQNと思ってる。嫁の考えは固いと思う


子供達がインフルエンザからの胃腸炎になった時、嫁の愚痴に対して突き放した態度をとっていたら、嫁がカミソリで二の腕をボロボロに自傷していた


俺が大盛りのご飯でも物足りなかったのに、彼女が空気を読まずに自分の分を全部食べてしまい冷めた。


甥っ子に『ドラえもん次回作で終わるんだって』って嘘付いたら泣きながら『テレビ朝日に抗議する!タウンページ!電話する!』って言い出して焦った


彼女の「同窓会参加禁止」という束縛に引いている。男女5人で飲み会した事を2年経った今でも文句言われ、連絡返ってこない


虐められっ子のヒョロヒョロは防災訓練を本当の火事だと思い、虐めのリーダー格を『死んで言い訳無いだろ』とお姫様抱っこで救出した


義兄嫁が入れてくれたコーヒーに犬の毛が入ってた。底に毛が沈んでる気がして全部飲まずにいると「毛ぐらい気を付けても入ってしまう。相手に失礼」














  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:604782

      建物燃えてる最中に炊き出しするんだ・・・
      消火作業終わったら何か食べる風習がある地域が普通?

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:604785

      信憑性が、、

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:604789

      >>378
      お前は腹が減らないんだな?

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:604795

      そんな危ない所に妊婦一人残して炊き出しって…?

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:604800

      炊き出しより消火が先だろどう考えても

      Reply
    6. 名無しの墓場 ID:604808

      た、炊き出しwwwww

      Reply
    7. 名無しの墓場 ID:604811

      炊き出しってどういう事なんだろうなぁ…鎮火後、地域消防団へ提供するのかな?

      うちも細い路地(2m位)挟んだお隣が全焼した事があって父親が屋上にあった蛇口からホースで我が家の壁に水掛けて貰い火を抑えようとしてたけど、あっちゅーまに水蒸発するんでこりゃ意味ないと呆然だったらい。
      親父が屋上から散水してるのを見た消防の方々に危険だと怒られたのと同時に、消火作業をお宅の屋上からもさせてほしいと言われ快諾。家の中に太いホース通して(屋上まではスムーズな動線)我が家屋上からの消火作業も始まり鎮火。結果としては屋上散水があったから我が家は壁がちょっと黒ずんだ程度で済んだ、消防士さんたちに感謝だわ。

      燃え盛る炎の前では家庭用の蛇口からの水…まさに焼石に水状態、猛火に出くわしたら身を守る為に諦めて逃げろと学んだ

      Reply
    8. 名無しの墓場 ID:604815

      >>朝から降っていた雨がやみ星空になった寒い冬の日はめずらしく北風が吹いてなかった。

      出だしのコレであっ…ってなったのは自分だけではないはず

      Reply
    9. 名無しの墓場 ID:604819

      今じゃ少ないけど、昔なら結構炊き出ししてたと思うなあ。
      地域の大きな騒動の時は女性陣がたくさんおにぎり作って、男性陣が外で対応に当たってた。
      会社の倉庫ならそこの地域の人も働くところだろうし、消防じゃ対応しきれない延焼の見張りやら避難やらやること多いし。
      消防側が地元の人に応援を要請したら、出来る限り協力するのも法令義務。

      Reply
    10. 名無しの墓場 ID:604822

      元スレもここの※欄も、箸より重いもの持ったことも無い裏なり瓢箪揃いかよ。
      近所の助け合いで非難行動や延焼防止措置集団作業、そのバックアップとしての炊き出しに首を傾げるとはどこのセレブか。
      化石燃料が尽きたらこれが当たり前の状態に戻るんだよ。そういう絡みで近所付き合いを疎かにするのは自○行為。
      社会科の先生も村八分の意味くらい教えてほしいものだね

      Reply
    11. 名無しの墓場 ID:604828

      はぁぁぁぁ〜??

      Reply
    12. 名無しの墓場 ID:604834

      何故炊き出しに突っかかるかなあ?携帯電話がない時代って少なくとも20年以上は前じゃん。今よりも地域の連携が強いし、焼け出された人や地元の消防団への炊き出しでしょうに…

      Reply
    13. 名無しの墓場 ID:604838

      消防署じゃなくて本業が別にある人がつくってる消防団ってのがあるのを知らない人もいるんだよ
      たぶんw

      Reply
    14. 名無しの墓場 ID:604844

      ※13
      都会じゃ消防団なんて普段活動しないから(有るには有る)理解できなかった

      Reply
    15. 名無しの墓場 ID:604852

      炊き出しは知ってるけど、どこまで延焼するか分からないような早い段階からするものだってことは知らなかったな
      危険物のある工場の鎮火に素人が行くのも驚いた

      Reply
    16. 名無しの墓場 ID:604858

      炊き出しって、火が消えてから行うものじゃないの?
      飲み水用意するならわかるけど……
      日が燃え盛ってんのに呑気におにぎりなんて食べられないでしょ

      Reply
    17. 名無しの墓場 ID:604864

      鎮火したら地元の消防団の車両一台残して撤収(地域による)だが、
      そのあと使ったホースを洗って干したりするのよ。
      で、交代で炊き出し食べつつ休憩取りながら作業して夜を明かす。
      大火事の時ね

      Reply
    18. 名無しの墓場 ID:604868

      20年以上前のことを今の常識で考えようとするアホ続出

      Reply
    19. 名無しの墓場 ID:604873

      おーぷんの話に信憑性を疑うアホ続出

      Reply
    20. 名無しの墓場 ID:604880

      火が消えてから炊き出し始めても間に合わないだろ
      想像力が欠落してるの多すぎだ

      Reply
    21. 名無しの墓場 ID:604887

      主題がぼやけてるというか、全体的にとっ散らかった文章だなあとは思った

      Reply
    22. 名無しの墓場 ID:604899

      いや火の勢いが激しいと、雨の湿り程度じゃ無意味。本当に運が良かっただけだと思う。妊婦さんが妊娠中に火や葬式に・・って迷信があるけど、病院での知り合いさんは赤痣の子供を出産してた。鏡やら懐に忍ばせていた別の人は、どうにか平気だったらしいけど。本当に真っ赤だった。

      Reply
    23. 名無しの墓場 ID:604904

      ↑消化活動終わってから炊き出しって遅くない?消化活動終わって炊き出し完了するまで待ってんの?w
      私の地域は消防士と地元消防団が消化活動してくれてる間に女性陣が炊き出しして、消化活動終わったらすぐ食べれるようにしてたけど…。

      Reply
    24. 名無しの墓場 ID:604908

      こう言う災害に直面したこと無いから分からないけど炊き出しって何処の?って思った。

      Reply
    25. 名無しの墓場 ID:604913

      取り敢えず、炊き出しハテナの批判してる人はジェネレーションギャップってことで笑ってやれよ。
      今はそういうのやるところはそうそう無いと思うし、昔の話でしょこれ。

      Reply
    26. 名無しの墓場 ID:604918

      私妊婦!妊婦なの!妊婦は大変なの!
      はいはい分かりました

      Reply
    27. 名無しの墓場 ID:604924

      ジェネレーションギャップと、あと地域性だとおもう。
      都心に住むとそんなんあまり無い。

      でも、東京ど真ん中の下町に住んでいる今なら、近所の炊き出しはあるかもな…って思う

      Reply
    28. 名無しの墓場 ID:604930

      ※27
      さすがに毒されすぎだろ……

      Reply
    29. 名無しの墓場 ID:604938

      田舎の消防団とかは村のみんなでしてるから嫁さんとかが炊き出ししたんじゃない?

      いっぱい燃えてたら時間かかるだろうし

      Reply
    30. 名無しの墓場 ID:604944

      炊き出し、私も田舎に引っ越してくるまで知らなかったけど、オニギリ大量に作るのね。
      だから早くから始めないとたきあがらない、握れない。場所は近くの公民館とかだと思う。

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    twitter
    シェアボタン