死んだ娘を想い、後追いして死のうとしてたお婆さん。私を見るなり『まるであの時のやり直しをさせてもらってるみたいだ』

image
何を書いても構いませんので@生活板  5
481: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)20:16:04 ID:8sg
父方が本家だ分家だ云々がある家系なんだけど (ただし父や私の代はもう血が遠すぎて分家扱いもされていない、 一般家庭) 私が幼稚園の頃、大規模な法要があって、 初めて本家に行くことになった。 父親に連れられて本家の門をくぐった途端、突然 「みっちゃん!」って叫ぶように呼ばれた。
     
びっくりして声の主を探すと、 家の中から足袋裸足でおばあさんが走り出てきた。 そのまま駆け寄ってきて、 私を頭のてっぺんからつま先まで見るおばあさん。 私はどうしていいかわからなくて、見られてる間ずっともじもじしてた。 そのうち、他の大人が割って入って、 父はその人と一緒にどこかに行った。 私は他の子供たちと集められて、一緒に遊ぶことになった。 遊んでいるうちに法要は終わったらしくて、 みんなでお昼のお膳を囲んだ。 さっきのおばあさんは忙しそうにしていたけど、 合間合間に私や他の子供たちに ご飯は足りているか、ジュースを飲むか、 おしぼりを持ってきたから手を拭きなさい、 とたくさん話しかけてくれた。 その間にも、おばあさんからの視線を時々感じていたけど、 嫌な感じはなかったと思う。 なんというか、すごく気にかけてくれているというか。 何回目かにジュースを勧められたとき、 ちょうどお手洗いに行きたかった私は、 おばあさんに連れて行ってほしいとお願いした。 本家は古い大きなおうちで、ちょっと怖かったので、恥ずかしかったけど おばあさんに、一緒についてきてくれるようにお願いしたら、 おばあさんはちょっと黙ったあと 「もちろん、いいよ。一緒に行ってあげようね」 と手をつないでくれた。 お手洗いからの帰り、おばあさんはなんだか涙ぐんでいた。 大人になって結婚する時に知ったんだけど、 おばあさんは、本家の大奥様。 男の子たくさんと、女の子を一人産んだんだけど この女の子を幼いうちに病気で亡くしていた。 たった一人の女の子で、しかも年が離れた末っ子だったので とても可愛がっていたんだだけに、亡くしたときの悲しみも深く 当時は後を追って死んでしまうんじゃないか という落ち込みようだったらしい。 この女の子が「みっちゃん」。 そして、私がそのみっちゃんとそっくり、瓜二つだったらしい。 私を見たときのちょっと妙な反応はそのせいだったそうで、 おばあさんやその息子たち(=みっちゃんの兄たち)曰く 「顔立ちはもちろん、ものを食べる様子やちょっとした仕草が みっちゃんそのもの」 「まるで生き返ってきたみたいだ」 というくらいそっくりだったとのこと。
     
482: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)20:16:18 ID:8sg
お手洗いに一緒に行った時に泣いていたわけも聞いた。 何でも、みっちゃんが亡くなる前日、 「怖いからお手洗いに一緒についてきて」 とお願いしたのを、その時ちょっと手が離せなかったので 「一人で行ってきなさい」 と宥めて一人で活かせたらしい。 その日の晩にみっちゃんは高熱を出して、翌朝亡くなってしまい 「あの子が最後にしたお願いを、叶えてやれなかった。 ちょっと手を休めてついて行ってやれば良かった」 とずっと悔やんでいたんだそう。

コメント

  1. 名無しさん 2015/06/11(木) 18:29:32

    もう一方の話はまとめないんだ
    おばあさん、自分の娘にするように道具を選んだのだろうなー
    大きいものは実の親御さんが用意するだろうし、だからあえて小物にしたのかね
    手鏡とか櫛とか、おそらくいいものだろうし、大切に使えば報告者の娘さんやお孫さんの代まで使えるかもしれない
    報告者が無事に出産を迎えられますように
    きっと、亡くなったおばあさんも祈ってるだろう

  2. 名無しさん 2015/06/11(木) 19:19:28

    その年になるまで悔やんでいたことを昇華できて良かったと思う
    わが子に対することはずっと残るものだしね
    おばあさん良かった

  3. 名無しさん 2015/06/11(木) 20:28:59

    お腹痛かったからか感動した

  4. 名無しさん 2015/06/11(木) 20:29:47

    何度読んでも涙腺が緩むな

  5. 名無しさん 2015/06/11(木) 21:59:50

    いい話だ。クソまみれの話ばかりの中の清涼剤だなー

  6. 名無しさん 2015/06/11(木) 22:18:28

    コメント欄の頭の数字が全部1だね

  7. 名無しさん 2015/06/11(木) 22:58:37

    何だこの話…切なすぎる。
    あくまでよその娘さんという分別もあって、離れたところから見守り、重くない程度の小物を選んで用意しておいたお婆さんの気持ちを考えるとたまらん。
    天国で娘さんと楽しく暮らせてますように。

  8. 匿名 2015/06/12(金) 17:47:50

    ええ話やー

  9. 名無しさん 2015/06/15(月) 22:26:07

    この続きの花嫁道具なのでは?というレスまでのせてほしかったな〜

アクセスランキング