死んだ娘を想い、後追いして死のうとしてたお婆さん。私を見るなり『まるであの時のやり直しをさせてもらってるみたいだ』


image



何を書いても構いませんので@生活板  5


481: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)20:16:04 ID:8sg

父方が本家だ分家だ云々がある家系なんだけど
(ただし父や私の代はもう血が遠すぎて分家扱いもされていない、
一般家庭)
私が幼稚園の頃、大規模な法要があって、
初めて本家に行くことになった。
父親に連れられて本家の門をくぐった途端、突然
「みっちゃん!」って叫ぶように呼ばれた。



     


びっくりして声の主を探すと、
家の中から足袋裸足でおばあさんが走り出てきた。
そのまま駆け寄ってきて、
私を頭のてっぺんからつま先まで見るおばあさん。
私はどうしていいかわからなくて、見られてる間ずっともじもじしてた。

そのうち、他の大人が割って入って、
父はその人と一緒にどこかに行った。
私は他の子供たちと集められて、一緒に遊ぶことになった。
遊んでいるうちに法要は終わったらしくて、
みんなでお昼のお膳を囲んだ。
さっきのおばあさんは忙しそうにしていたけど、
合間合間に私や他の子供たちに
ご飯は足りているか、ジュースを飲むか、
おしぼりを持ってきたから手を拭きなさい、
とたくさん話しかけてくれた。
その間にも、おばあさんからの視線を時々感じていたけど、
嫌な感じはなかったと思う。
なんというか、すごく気にかけてくれているというか。

何回目かにジュースを勧められたとき、
ちょうどお手洗いに行きたかった私は、
おばあさんに連れて行ってほしいとお願いした。
本家は古い大きなおうちで、ちょっと怖かったので、恥ずかしかったけど
おばあさんに、一緒についてきてくれるようにお願いしたら、
おばあさんはちょっと黙ったあと
「もちろん、いいよ。一緒に行ってあげようね」
と手をつないでくれた。
お手洗いからの帰り、おばあさんはなんだか涙ぐんでいた。

大人になって結婚する時に知ったんだけど、
おばあさんは、本家の大奥様。
男の子たくさんと、女の子を一人産んだんだけど
この女の子を幼いうちに病気で亡くしていた。
たった一人の女の子で、しかも年が離れた末っ子だったので
とても可愛がっていたんだだけに、亡くしたときの悲しみも深く
当時は後を追って死んでしまうんじゃないか
という落ち込みようだったらしい。
この女の子が「みっちゃん」。

そして、私がそのみっちゃんとそっくり、瓜二つだったらしい。
私を見たときのちょっと妙な反応はそのせいだったそうで、
おばあさんやその息子たち(=みっちゃんの兄たち)曰く
「顔立ちはもちろん、ものを食べる様子やちょっとした仕草が
みっちゃんそのもの」
「まるで生き返ってきたみたいだ」
というくらいそっくりだったとのこと。



     


482: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)20:16:18 ID:8sg

お手洗いに一緒に行った時に泣いていたわけも聞いた。
何でも、みっちゃんが亡くなる前日、
「怖いからお手洗いに一緒についてきて」
とお願いしたのを、その時ちょっと手が離せなかったので
「一人で行ってきなさい」
と宥めて一人で活かせたらしい。
その日の晩にみっちゃんは高熱を出して、翌朝亡くなってしまい
「あの子が最後にしたお願いを、叶えてやれなかった。
ちょっと手を休めてついて行ってやれば良かった」
とずっと悔やんでいたんだそう。

それがあの日、そっくりな私が現れて、
みっちゃんと同じようにお手洗いについてきてって言い出して
「まるで、あの時のやり直しをさせてもらっているようだ」
と感じたんだって。

私が本家に行ったのはその一回きりだったんだけど
おばあさんはその後ずっと私のことを気にかけていたらしい。
とても他人とは思えないって。
おばあさんは、私が高校生の時に亡くなったそうなんだけど、
その際に遺言で
「あのみっちゃんそっくりの子がお嫁に行くとき、お祝いを渡してほしい」
と長男さん(=今一番本家で偉い人)に頼んでいたそうで、
私が結婚するときに小包をいただいた。
開けてみると、漆塗りの箱の中に櫛や手鏡、かんざしなんかが入っていた。
全部おばあさんが生前に自分で選んだものらしい。
ほんとに貰っていいのかなって思ったけど、長男さんに
「供養と思って受け取ってほしい」
と重ねて言われたので、ありがたく受け取ることにした。

私には、子供に先立たれた親の気持ちは想像することしかできない。
でも、それは悲しくて切ない事なんだろうし、
それをちょっとでも癒すことができたなら
(私の力によるところでは全くないんだけれども)
いいことをしたのかな、と思う。

昨日妊娠していることがわかって、
ちょっと感傷モードに入っちゃったので
落ち着くために書かせてもらいました。



          
483: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)20:46:57 ID:r8L

エエ話やナ~(´Д⊂ヽ



          
484: sage 2015/05/19(火)20:56:20 ID:jR3


おばあさま、短い時間でも貴女に会えて嬉しかったと思うよ

切ないけど心暖まるエピソードありがとう



          


http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1430589586/



関連記事

私は物心ついてから20歳まで謎の体調不良に襲われ、検査をしたが異常無く、仕舞いには精神科に行かされた。しかし原因は毎日食べてた米だった

妊婦の妻が異常なほどに自分を大事にしない。食事は一玉25円の素うどんのみ、休んでいろと言っても家事をし、雪かきまでしようとする

近所の子供が行方不明になり、数日後に離れの池で見つかった。よく見たら亡くなった子供が浮かんでる所に大量の亀がわさわさ集まって…

正社員の募集があり応募したが、その後全く連絡が無い為電話で問い合わせた。しかし担当者が居ないので折り返すと言われ…

友人は隣に住む血の繋がって無いお婆ちゃんを『産まれた時から隣に住んでるから』と言う理由で自分の祖母だと思い込んでた

高学歴なのに海外旅行で中学生レベルの英会話すら出来ない彼氏。結局私が会話する事になると、リスニングだけは無駄に完璧らしく後ろからあれこれ…

彼女とデートをする度に金の減りが早くモヤモヤするようになった。俺は彼女を疑い札に印をつけると、彼女の財布から印をつけた札が出て来た
  • 6fca48b5
  • 53faf8bd
  • 12c0d43f
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題の記事♪

    オススメサイト新着記事

    • 53faf8bd
    • 6fca48b5
    • 12c0d43f

    コメント一覧

    1. 名無しの墓場 ID:645626

      もう一方の話はまとめないんだ
      おばあさん、自分の娘にするように道具を選んだのだろうなー
      大きいものは実の親御さんが用意するだろうし、だからあえて小物にしたのかね
      手鏡とか櫛とか、おそらくいいものだろうし、大切に使えば報告者の娘さんやお孫さんの代まで使えるかもしれない
      報告者が無事に出産を迎えられますように
      きっと、亡くなったおばあさんも祈ってるだろう

      Reply
    2. 名無しの墓場 ID:645635

      その年になるまで悔やんでいたことを昇華できて良かったと思う
      わが子に対することはずっと残るものだしね
      おばあさん良かった

      Reply
    3. 名無しの墓場 ID:645650

      お腹痛かったからか感動した

      Reply
    4. 名無しの墓場 ID:645651

      何度読んでも涙腺が緩むな

      Reply
    5. 名無しの墓場 ID:645678

      いい話だ。クソまみれの話ばかりの中の清涼剤だなー

      Reply
    6. 名無しの墓場 ID:645685

      コメント欄の頭の数字が全部1だね

      Reply
    7. 名無しの墓場 ID:645697

      何だこの話…切なすぎる。
      あくまでよその娘さんという分別もあって、離れたところから見守り、重くない程度の小物を選んで用意しておいたお婆さんの気持ちを考えるとたまらん。
      天国で娘さんと楽しく暮らせてますように。

      Reply
    8. 匿名 ID:645918

      ええ話やー

      Reply
    9. 名無しの墓場 ID:646782

      この続きの花嫁道具なのでは?というレスまでのせてほしかったな〜

      Reply

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    twitter
    シェアボタン