私は母に何度も殴られ高校生で閉経した。その後、私は父と間女の子供だった事が発覚。母「売女の子が!どこで孕んできた!」

今までにあった最大の修羅場を語るスレ5
4: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)02:56:35 ID:GPI
私が子供産めなくなったまでの最大の修羅場 昔から私の母は私のことを国語の教科書に出てくる 品行方正な委員長みたいな扱いをしてた 髪の毛は伸ばしておさげ、服装はブラウスにスカートに白い靴下、 コートも無地の落ち着いたもの 筆記用具は実用性のあるものでキャラクターものはなし 皆がバトル鉛筆にはまっている中私はトンボ鉛筆 女の子たちはカラーペンのコレクションをやりだしたけど、 私が与えられたのは蛍光マーカーと赤ボールペン
       
母親は学校からの書類にきちんと目をとおすし、 保護者記入欄はきっちり書く人だったけど 参観日や運動会や発表会には来なかったし、 お弁当も作ってもらったことがなかったからコンビニのお弁当を持たされていた 夏休みなどの長期休暇は家でお留守番を命じられたし、 その際に時間を潰すために与えられたのは学習ドリルと勉強教材のビデオだった 私は知らないところでストレスが溜まっていって、 生理が中1の春頃に始まったものの、中2の春には気づけば止まっていた 三ヶ月くらいこなくておかしいと気づいた 誰にも相談できず、きっと母なら助けになってくれると、正直に 「お母さん、生理がきてないの」 と伝えた 母はこれまで見たことのないような般若のような顔になり、 「いつ!いつからきてないの!」と怒鳴りつけた 「三ヶ月くらい・・・」 「売女の子が!どこで孕んできた!」 私は頭が真っ白になった 「言え!相手は誰!吐け!吐きな!はやく!」 頬を何度か叩かれて、私は怖くなって全力で否定した 「違う!なにもしてない!なにもしてない!」 「嘘つけ!」 「嘘じゃない!違う!なにもしてない!」 必死に否定していると、母に本気でガツンと頭を殴られた クラクラする頭で母に無理矢理引っ張られ、 靴も履かずに制服姿で産婦人科に連れて行かれた 私が必死に違う!違う!なにもしてない!と訴えるのを他所に、 母は私が妊娠しているかもしれないと受付に告げて診察させられた 先生はおじさんで、他に看護師が2人いて、母まで見ていて、 あんな羞恥を受けたのは初めてだった 診察も激痛だった 指を入れられ、機械を入れられ、股から血が流れていた 結局生理不順と診断されたが、私はそのままストレスで生理がこないまま、 高校生で閉経した 女性ホルモンが出ないせいで、高校生にして更年期のような症状に悩まされた ホルモン剤は出たものの、女らしく育つ暇もなかった身体はよく男と間違えられる 父は今になって、母だと思ってた人は母ではないことを伝えてきた 父は浮気をして愛人との子をなした それが私 愛人は大卒のエリートの女性で父の出張先にいた人らしい 私の母は高卒で、だから私にエリートを求めたのかもしれない 母に売女の子と呼ばれた時からなんとく察していた でももっと早く知りたかったよ 無条件に愛した母がそんな私を憎くて仕方なかったんだとしたら、 母には謝っても謝っても足りない もっとはやく母の愛情を受けてはいけないんだと気づいていれば、 母の負担になることもなかったのに
       
アクセスランキング